サクラもネカマも消滅しないと考えて下さい。

沢山の方が出会いが欲しくて集う「出会い系サイト」。

当初の目的は「男女の出会いを手助けする役割を果たすサイト」でした。
けれども、その範囲が巨大化するのに合わせて悪質利用者が目立ち、近頃は本当の女性利用者を発見するのでさえ困難を極めているのが現状です。

中でもサクラに騙された方のサイトに目を通すと、その痛みの度合いがどれだけひどいものかを目の当たりにします。

14009537937nwjq誠意を持って出会いを探していた男性が、点数を奪われた挙句女性と対面できないという結果に終わったという体験談は、サクラから受けたダメージの深さを表しています。

その他には、どうにか対面する約束をした女性が何とサクラで、約束を破られたという体験談も耳にします。
この行為は人の気持ちを邪険にする、とても性質の悪い行為です。

けれども、出会い系サイトが現在のシステムを継続するからには、サクラもネカマも消滅しないと考えて下さい。

仮にこの先この二つが消滅する日が来ても、こういった悪質利用者は姿を変えて再度現れることでしょう。
堂々巡りにも似た事を繰り返すのではなく、そういった悪質利用者に騙される事のない護身術を覚える方が望ましいです。
第一に“サクラ”と“ネカマ”の見分け方を覚えること。

その性質を把握し、なるべく騙されない方法を考えるのが重要です。
“サクラ”と“ネカマ”、いずれも出会い系において存在を認めたくはないですが、頭から「あるのが当然」と考える事で対応もできるでしょう。

相手を怪しいと思いメールするのは悪い上に、出会いの場面において女性を“本物”か“偽者”かという見方をするような行為は愚かだと思われる恐れもあります。
しかし、こうした悪質利用者が実在し、迷惑を被っている方がいるからには、「護身」をしないと自らが痛みを伴うだけになります。

そして、自らが迷惑を被る事によって、上手くいくと思ったサクラやネカマが他の犠牲者を作り出すという恐れも出てきます。

こういった犠牲を最小限に食い止める為に、第一に自らが犠牲者になってはいけません。
自らが護身をする事こそが、出会い系サイトの悪質利用者を減少させる要因になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">